スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2015種親紹介

こんにちはBJです。
来期に向けて少しずつですが種親補強中です。

♂については今のところ、YG血統1頭、能勢産2頭です。
6~7ラインで計画中です。

能勢産の方が早く我が家に来ているのですが、最終羽化情報等の待ち状態ですのでYG血統について紹介させていただきます。

みなさんご存知の方も多いと思いますが、うさもんちさんのラインからです。
82.2mm&52.0mmペアをお譲りいただきました♪
最大87.0mm~最少82.2mm、Average84.1mmと凄い成績を持っています。(リンクからご確認ください!)
88.0mmも出たようですが残念ながら★になってしまったようです。

1番小さい個体ですが、うさもんちさんに羽化データや画像をお送りいただき決めさせていただきました。

YG822①

ディンプルもなく、とても綺麗な個体です。
当初はどうしようか悩んでいましたが、画像を送っていただいてからはほぼ即決でした。

29gからの羽化なので、体重が乗ってくれば十分楽しめそうな個体です
うさもんちさんありがとうございました!!

YG822証明

男前に撮れたかな??
もっと腕を上げねば!!

YG822(870同腹②)HP2
スポンサーサイト

冷やし虫家管理 NO,2


こんばんは。BJです。
前回に続き、冷やし虫家TFについてUPしたいと思います。

冷やし虫家全体

冷やし虫家の問題点について
 ①庫内に棚がない
 ②庫内で場所により温度差がある
 ③湿度が高くなる

①については、前回記載しましたので②③について今回は記載します。

②の庫内温度差ですが、虫家の温度センサーは向かって庫内左奥上に設置するよう説明書に記載されています。
例えば、26度設定にした場合、
センサー付近(庫内左奥)26度
吹き出し口付近(庫内右側)23~4度と、温度差が生じてきます。

温度前

同じ庫内で、2~3度は結構差があると思います。

この温度差を解消するため、クールファンを設置しました。

このクールファンにより、強制的に庫内の空気を循環させ温度を一定に保てるようにしました。

クールファン

功を奏し、設定温度26度、庫内右側26度と温度差が一定となりました。

温度後

少し気になるのが、ファンの振動です。幼虫へ影響があるでしょうか?
念のため、緩衝剤としてゴムを敷きました。

最後に③の湿度についてです。
虫家を使用するとどうしても、湿度が高くなります。

少しでも湿度を下げるため、除湿材を投入しました。
ただ、除湿剤にもいろいろな形状や大きさがあり、虫家内のスペースを少しでも確保できるものを探しました。

結果、ドライペット詰替用にたどりつきました。

ドライペット

細長いタイプなので、左右の端等に置くことができ場所をあまりとられずにすみます。
他にも良い商品があると思いますが、詰め替えも出来るのでこの商品に落ち着きました。

湿度については、60%ぐらいまで下げることが出来ましたがもう少し抑えることが出来ればと思います。

実際に、ボトルを置く場所によっては蓋に水滴が付いていることもあるのでまだまだ検討しなければならないようです。


冷やし虫家管理 NO,1

こんばんは。BJです。
現在我が家では、冷やし虫家TFにて飼育中です。

冷やし虫家全体

飼育管理については、エアコン、冷やし虫家、ワインセラー管理等ありますが、現在は幼虫数が少ないため、冷やし虫家を選択しました。

冷やし虫家購入後、いくつか問題点がありました。
 ①庫内に棚がない(菌糸ボトルを積み重ねて管理?)
 ②庫内で場所により温度差がある
 ③湿度が高くなる

ネットで調べてみると、皆さん同じ感想を持たれている方がいらっしゃるようです。
解決策を検索し、いろいろある中で私は次の方法をとりました。

①庫内の棚について
庫内に棚がないため、2段に積み重ね飼育しようか迷いましたが、下段のボトルの酸素や湿度が心配だったため、棚が必要だと感じました。
棚については、ホームセンターの台所用品コーナーで販売されているものを活用しました。

棚

商品名「シンク下フリーラック」
奥行き30.3cm×幅50cm~75cm(可動式)×高さ39.8cmです。

奥行きと幅については問題ありませんでしたが、高さが少し高いためそのままでは入りません。
最終的には、上部をノコギリで切断しました。
上部の固定については、手前と奥の両方を固定してしまうとボトルの出し入れに邪魔になるので、奥のみ固定しました。

冷やし虫家棚
 
結果、菌糸ボトルを直接重ねずに上下2段で管理することができました。
ちなみに、私は上段12本、下段12本の計24本入れています。

冷やし虫家棚2

詰めれば、30強は入りそうですが詰め込みすぎはいかがなものかと。
また、2本目以降は♂♀でボトルの大きさも変わってきますので余裕をもって管理された方がよろしいと思います。

②、③については、また次回UPしたいと思います。

(慣れないもので、1度削除してしまい再UPです。)

とりあえず!

こんばんは!
初UPです。

プロフィールにも掲げましたが、出所のわからない個体は使いません。
確実・安心を基準に、その親虫以上の可能性がある個体をブリードしていきます。

HOME画像の個体は、「shima1007_ookuwa」氏から譲り受けた個体です。
能勢産「♂88.3mm」同腹個体、83.0mmです。

同腹83.0mm&53.0mm個体を礎に、2015年度本格始動していきます。
能勢産で能勢YGに比べ、市場のブランド力は少し低下するようですが個体の能力としては素晴らしい個体だと思います。

また、shima氏においては川西産で85mm弱、86.5mm「http://page4.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/d155446484」、久留米産においても86.3mmをブリードされています。(私的にも、大顎も長く美形な個体だと思います。)
その他のオークション「http://sellinglist.auctions.yahoo.co.jp/user/shima1007_ookuwa」

88.3mmについては、「神長きのこ園」様の店長ブログにもUPされていますのでご確認いただければと思います。
「http://kaminagakinokoen.ocnk.net/diary」

※ 上記URLについて、神長きのこ園様のHPが落雷のため不通の状態かもしれません。
   復旧後、ご確認願えればと思います。

  初UPでしたので、緊張&時間がかかりました。
  これからも、よろしくお願いいたします!

カレンダー
08 | 2014/09 | 10
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
BJ Style

 

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

Black Jewelry

Author:Black Jewelry
鹿児島でオオクワガタのブリードを開始したBJ(Black Jewelry)です。
2014年から能勢産、能勢YGの幼虫を育て2015年から本格始動します。
信頼できるブリーダー様から譲り受けた個体で、親超えを目指し大型個体を狙っていきます。

更新情報
Powered By 画RSS
リンク
Shop Link
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。